menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » マンション売却で知っておきたい費用(お金)のこと

マンション売却で知っておきたい費用(お金)のこと

譲渡所得に対する税金や住宅ローンが残っている物件の売却、高値で売り切る方法など、マンション売却の費用に関連する必見情報を取り上げています。

マンション売却後に確定申告って必要?

不動産売却に伴う譲渡所得には、所得税と住民税、復興特別所得税がかかります。次の年の2月16日から3月15日の約1ヶ月間に、所得税の確定申告をする必要があり、これは自営業者だけでなく会社員や公務員も同様です。

確定申告書の作成自体は国税庁のサイトにあるシステムを使えば、専門知識がなくても操作手順にそっていくことで書類作成が完了します。また、ネットでの書類送信や郵送などを利用すれば、平日に税務署へ足を運ぶ必要もありません。

初めて確定申告する場合、申告期間になってから慌てないように、必要書類等は申告期間の前にきちんと揃えておくのがおすすめです。

ローン残債の
マンションでも売却できる?

住宅ローンの支払いが残っているマンションであっても、金融機関による抵当権を抹消すれば売却をすることができます。そして、抵当権を抹消するためには、住宅ローンを完済する必要があります。

分譲マンションを買い替える場合、多くの人はこれまで住んでいたマンションを売った費用でローン残債を精算して、残りがあれば新居の購入資金に充当します。売却活動中は抵当権が設定されていても、売買成立すればローンが完済されるという前提で、金融機関も対応してくれるわけです。

もし、売却益で完済できない場合、自己資金を使うか、買い替えローン(住み替えローン)を利用するか、さもなければ任意売却まで複数の方法が考えられます。

マンションを高く売る方法は?

マンション売却の方法としては基本的に買取よりも仲介がおすすめ。買取だと相場より安くなってしまうのは確実で、できるだけ高めに売りたいなら仲介の一択となります。

ただし、マンション売却を依頼する会社選びでは、査定額が妙に高いところは要注意。買い手はできるだけ安く買いたいと考えるわけで、いざ依頼して見ると、目立って高い売出価格では売れ残ってしまい、不本意な値下げをせざるを得なくなるリスクがあります。