menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » マンション売却で知っておきたい費用(お金)のこと » ローン残債のマンションでも売れる?

ローン残債のマンションでも売れる?

まだローン残債があるマンションの売却では、返済をどうすべきか、返済できない場合はどうなるのかといった注意点を紹介します。

マンション売却益で
ローン返済するのが基本

いま住んでいるマンションに住宅ローンの支払いが残っていたとしても、転勤による引越しや家族構成の変化に伴う住み替えをしなくてはならないこともあるでしょう。

実際、ローン残債がある物件でもマンション売却はできますが、ローンが残ったままでは抵当権の抹消ができないので、ローンの完済が前提となります。

マンションを取得するにあたって、金融機関の住宅ローンを利用していれば、金融機関はその物件を担保として抵当権を設定しています。金融機関の抵当権がついているマンションを買う人はいないので、一般的には売却益からローン残債を完済するという想定で、マンション売却活動をすることになります。

マンション売却益が返済に足りない場合

当該マンションの取得価格や現状の相場などによっては、売買が成立してもローン残債を下回る価格でしか売れないということもあります。こうしたケースでは、そのままローンの残りを分割で支払っていくというわけにはいきません。それだと抵当権の抹消ができないからです。

ローン残債を一括で支払う方法は、自己資金を使うか、買い替えローンを利用して新居購入費用の方にまとめて支払っていくか、を検討する必要があります。

なお、買い替えローンはある種、ローンの積み増しになるので、審査も厳しくなりますし、返済もよりシビアに計画を立てる必要があります。

ローン支払いが困難なときは任意売却へ

マンションのローン残債を支払っていくのが難しいという場合、金融機関にも相談して任意売却するという方法もあります。単純に残債の支払いを滞納してしまうと、最終的にマンションは競売に出されてしまい、相場よりもかなり安く売られてしまいます。その点、任意売却のほうが高く売れることも期待できます。

ただし、任意売却するにはローン滞納が条件となり、金融機関と折り合いがついたとしても新規ローンが組めなくなったり、クレジットカードの更新ができないなど、信用情報がブラック化してしまうので注意が必要です。

任意売却のメリット

住宅ローンが残ったままでも抵当権の設定を解除し売却できる任意売却のメリットをまとめました。

任意売却はメリットがある一方、先ほども記載したとおり、ローンの滞納が必須で、5年~7年程度は大きなローンは組めなくなるなどリスクもあります。

メリットとデメリットをしっかり把握したうえで、任意売却をお願いするか決めましょう。

任意売却にも対応!
京都のマンション売却実績
ランキングを見る