menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » マンション売却を失敗から学ぶ

マンション売却を失敗から学ぶ

実際のマンション売却経験談の中から失敗事例をピックアップ。相場情報や査定額、値引き交渉などのテーマ別に学べるポイントを紹介します。

不動産会社選びで失敗を回避!
京都のマンション売却実績
ランキングを見る

事例1:ろくに下調べをせず、
売却活動してしまった

マンション売却についてほとんど知識がなく、ネットの情報を眺めているなか、一括査定サービスを利用してみました。必要な情報や手続きの流れなどを知ることができましたし、便利なサービスだと実感。ただし、対応は不動産会社によってまちまちでした。

こんな感じの緩い売却活動だったものの、新居はすでに決まっていて、できるだけスピーディーに売却したいのが実状。不動産会社とはあまり密な打ち合わせもせず、周辺相場よりはちょっと安めに売り出してしまいました

またマンションを売却することがあったら、もっと下調べをして計画的に活動を進めたいですね。

(不動産売却体験談のリアルボイス:もっとアドバイス貰えばよかったより抜粋)

ココがポイント!
一括査定の結果に頼りすぎない

一括査定は複数の不動産会社の価格を一気に調べられるため便利ですが、査定後の問い合わせに迅速に対応してくれるかは不動産会社によって異なります。

一括査定にだけ頼らず、自分自身で周辺の相場を調べる、複数の不動産会社に足を運ぶなど、実際に確かめるひと手間が大切。早く売却したい気持ちから損をしてしまわないように、焦らずしっかりと下調べしながらすすめましょう。

事例2:相場を理解せずに
売却価格を決めてしまった

複数の不動産会社に査定依頼をしましたが、こちらの希望する売出価格に対する態度にはけっこう違いがありました。査定額での売出にこだわるところと、こちらの希望価格でスタートしてみましょうというところとあり、結局後者に依頼しました。

結果、相場情報を調べずに希望した売出価格は高めだったようで、初期はほぼ反響なし。値下げをしていって、売却できたのは査定額と同じくらいでした。

やはりプロの査定は確かで、自分でも相場を知っておくのが大切だとわかりました。

(不動産売却体験談のリアルボイス:価格を下げないと売れない?より抜粋)

ココがポイント!
周辺相場を理解しておく

マンション売却において、売出価格の相場を把握しておくことも大切です。自分で決めた価格にこだわって売り出そうとしたために、周辺の相場より高くて思うように売れないという結果になりかねません。泣く泣く大幅に値下げしなければ売却できなくなってしまう恐れも。

「相場より安く売却する羽目になってしまった…」と後悔しないためにも、周辺相場はしっかりと調べておきましょう。周辺相場についてしっかりと伝え、専門的な視点からアドバイスしてくれる不動産会社選びも大切です。

事例3:一括査定で査定額が高い
不動産会社を優先してしまった

無料サービスということもあって一括査定サービスを利用してみたのですが、なかには自分が思っていたより、けっこう高い査定額を提示してきた不動産会社があって、内心かなり喜んでいました。

ところが、一番高額査定を出したところは対応が遅く、約束の時間にも遅れる始末。それで、二番目に高い査定額のところに依頼しました。

この不動産会社には、私たちが思っていた以上の価値に気づかせてもらえたのが良かったです。

もともとマンション売却についてちゃんと勉強していなかったこともあり、当初は査定額が一番高い不動産会社に飛びついてしまいましたが、ある程度知識を持っていれば、もっと冷静な判断ができたと思います。他にも、書類の準備や税金に関する知識なども前もって対応しておくと、いざ手続きが具体化した時に合わせてなくてすみます。

(不動産売却体験談のリアルボイス:査定額だけを決め手にすべきではなかったより抜粋)

ココがポイント!
はじめの査定額に惑わされない

一括査定で高額な査定を出してきたからといって、その不動産会社の対応が良くなければ、売るタイミングを逃してしまう可能性もあります。はじめの査定額に惑わされず、迅速に対応してくれる不動産会社を選びましょう。

不動産会社によって、最低価格と最高価格のどちらのラインで査定を出しているのかも、この時点では分かりません。ある程度会社を絞ったら、どんなポイントをみて査定したのかを細かく聞き、親身になって対応してくれた不動産会社に決めるのがおすすめです。

事例4:対応が遅い
担当者はもうこりごり

一括査定サービスは使わず、不動産会社には一社ずつ電話で問い合わせをしました。そのなかで、業界大手の担当者は対応が遅くて残念な思いをしたので、企業としてだけでなく、担当者がちゃんと対応してくれるところを選ぶことにしたのです。

実際に売却を依頼したのは、知人に紹介された不動産会社。ただし、他社との比較はちゃんとしたうえで、いい担当者をつけてくれたことが決め手になりました。

住み替えのマンション売却の場合、タイミングと迅速な対応が重要なので、担当者とはしっかりコミュニケーションをとれることが不可欠。おかげさまで、思ったよりも早めに買主を決めることができました。

売出価格は査定額をベースにしたもので、結果から考えればマーケットニーズに合っていたのでしょう。あまり欲をかいた売出価格に設定すると、売り時を逃してしまうこともありますし、新居の購入資金に利用するなら、できるだけスピーディーに納得できる価格で売ることが重要になってきます

(不動産売却体験談のリアルボイス:買い替えにはスピード感が重要より抜粋)

ココがポイント!
担当者選びも大切

マンション売却はタイミングが肝心です。迅速に対応できる担当者と出会えれば、必然的に良い買主と出会えるチャンスも広がります。物件を売り出してくれる担当者の対応の良し悪しも、マンション売却に大きくかかわることを知っておきましょう。

対応が遅い、しっかりと話を聞いてくれないなど、担当者と合わないなと感じたら、交代要員を求めてみるのもアリです。違和感を抱えたまま我慢せず、スムーズにコミュニケーションをとれる担当者にしてもらいましょう。

事例5:値引きしてしまったことは
ちょっと失敗

売却活動自体はわりと順調に進行していたのですが、最終的な売買価格について値引きの希望があり、それに対応してしまったのは後から考えるとちょっと失敗でした。

トータルの売買価格から見ると値引きした数万円は小さな比率とも言えるのですが、日常生活で考えれば数万円ものマイナスを負担するようなことはそうそうないはず。不動産会社には、全体的によい対応をしてもらってはいたのですが、今後物件を売却することがあったら、もっとシビアに価格交渉しようと思いました。

売却を依頼した不動産会社とその担当者自体は、問い合わせした他社よりも対応がよく、こちらの要望をできるだけ叶えようと動いてくれたこともわかっています。最終価格はその担当者から提案されたもので、他社の査定額よりも若干低かったのは確か。対応に不満が残るわけではなく、売主としての自分の交渉過程に多少の心残りがあるという感じです。

(不動産売却体験談のリアルボイス:良かったことと反省点より抜粋)

ココがポイント!
意向に沿って進めてくれるか

せっかく希望通りに売買がすすみそうだったのに、最終価格の交渉で失敗してしまうという事例も少なくありません。「ここまでなら値下げできるけどこれ以上は無理」といった、ゆずれないラインをはじめにしっかりと伝えておくことが大切です。また、交渉成立を目の前に、自分自身がブレない強さも持っておきましょう。

不動産会社の担当者は、買主の希望も聞いている立場。何とか交渉を成立させようと値下げを提案してくることもあるでしょう。契約直前になって査定よりも大幅に値下げ交渉をしてくるようであれば、白紙にする考えも持ち合わせていると伝えるのも良いかもしれません。

サイト管理者の総評

マンション売却をするにあたって、無料の一括査定サービスを利用するのは、複数社を比較することで相場や担当者の対応などを手軽にチェックできるのがメリット。こうした点も含めて、売主としては自分でも最低限、周辺相場は調べておいて、適正価格の査定を提示する不動産会社を選びましょう。

また、問い合わせに対するレスポンスはスピーディーで、説明もわかりやすいのが基本。数千万円規模の商品を売るような取引ですから、担当者は実績豊富で信頼できる人物が◎。そんな条件に合う担当者なら、売り時や契約交渉、買い替え時のローン問題など、プロとしての頼れるアドバイスも期待できます。