menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » 理由別に見るマンション売却の注意点・タイミング

理由別に見るマンション売却の注意点・タイミング

理由によって段取りや時期を考えたい
マンション売却のコツ

相続・住み替え・離婚・転勤といった理由ごとのマンション売却に関する注意点やタイミングなどを説明していきます。

最初に、不動産・住宅情報サイト「IFULL」が公表している「HOME'S 不動産売却査定サービス」という調査データから、家を売却した経験を持つ人たちに聞いた理由のランキングを紹介しましょう。

住まいを売却した理由ランキング

  1. より良い住まいに住み替えるため……42.3%
  2. 資金が必要となったため……12.9%
  3. 今が売り時だと考えたため(税制改正などから)……9.4%
  4. 勤め先の転勤のため……7.9%
  5. 住まいを相続した・することになったため……7.5%
  6. 離婚したため……6.0%
  7. 家族(親や子どもなど)と同居するため……5.0%
  8. ご自身や子どもの通勤/通学のため……3.3%
  9. 家族やご自身の子育て/出産のため……2.9%
  10. 家族やご自身の介護のため……2.3%
  11. 子どもが独立したため……1.5%
  12. 結婚したため……0.8%

(LIFULL HOME'S PRESS:マンションや一戸建てを売却することになった理由ランキングより抜粋)

これを見ると、「住み替え」や「転勤」「相続」といったライフステージに関連する理由に混じって、経済的理由も2位・3位に入っていることがわかります。家庭のやむを得ない事情と、しっかり売却益を手にすることが、物件売却理由の上位になるわけです。

相続のケース

マンションを相続した場合、相続税の問題が気になるところ。タイミングや売却するメリット・デメリットなども含めて検討すべきポイントをまとめてみました。

住み替えのケース

住み替えではマンションの売却と新居の購入、どちらを優先すべきかがポイント。住宅費用の二重化など注意点も必見です。

離婚のケース

不幸にも離婚をしてしまった場合、所有するマンションは売却する方が後々のトラブル回避という意味でもおすすめ。物件やローンの名義や財産分与の方法などがネックとなります。

転勤のケース

避けられない転勤の場合、引っ越しの期限が切られてしまうので、タイミングは重要。マンションも売却するか賃貸に出すか、比較検討すべき問題です。