menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » 理由別に見るマンション売却の注意点・タイミング » 離婚のケース

離婚のケース

トラブルが気になる離婚時のマンション売却について、財産分与や売るかどうかの判断、注意点やタイミングなどを紹介します。

離婚したらマンションを売るべきか

離婚する際は、所有しているマンションを売却するのが一般的です。売却して現金化した方が財産分与もしやすくなりますし、きっちりと縁を切るという意味でも、不動産を残さない方が後々面倒もなくなります。

ただし、世間的には夫だけがマンションを出て、妻と子どもはそのまま住み続けるというケースも少なくありません。子どもの学校のことなどを考えた場合、こうした選択をするのも理解はできます。

いずれにせよ、マンション名義をどうするのか、住宅ローンが残っている場合、その名義や連帯保証人は誰なのか、将来的な管理責任は誰が持つのかなど、細かな点まできちんと決めておかないと、後年トラブルにもなりかねないのです。

離婚によるマンション売却の
リスク・注意点

離婚後にマンションを売却せず、夫か妻のどちらかが住み続けた場合、以下のようなリスクがあります。

これらはリスクの一例であり、やはり離婚時はマンション売却するのが無難です。

マンションの財産分与の方法

離婚の財産分与は個別事情によってさまざまなので、ここではマンションという不動産資産を50:50で分けるという想定で考えてみましょう。主なマンションの財産分与の方法としては以下の3つが考えられます。

といった具合で、売却後に現金を二等分する以外は、やはりスッキリしない印象も否めません。

離婚によるマンション売却のタイミング

住宅ローンが残っているマンションだと、完済して売却しない限り、複数のリスク要因があることは上で触れました。ローンは残っていなくても所有し続けることで関係を断ち切れない部分が残るのは、新たな生活のスタートをするうえではあまり良いことではないでしょう。

マンション売却は離婚後が基本。離婚前にマンション売却益をたとえば妻に渡すとすると贈与に当たり、もらった妻側に贈与税が発生してしまうからです。

ただし、夫婦で50%ずつの所有権割合でマンションを所有している場合は、離婚前に売却しても大きな問題はないでしょう。

離婚のマンション売却に強い会社は?
京都のマンション売却実績
ランキングを見る