menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » 理由別に見るマンション売却の注意点・タイミング » 住み替えのケース

住み替えのケース

タイミングが重要な住み替え時のマンション売却について、売却と購入どちらを優先すべきか、注意点やタイミングなどを紹介します。

住み替え時はマンション売却と購入、
どちらを優先すべき?

住み替えにあたって、現在住んでいるマンションの売却と新居の購入どちらを優先すべきか、それは個々の事情によって異なります。ポイントは期限が確定しているか否かで、以下に2つのケースを紹介します。

住み替え時期が確定している場合は
「売却」を優先

転勤に代表されるように、新居に引っ越す時期が確定していて、現在のマンションを売却する場合、新居もそのタイミングで決まっていることが前提。そのため、できるだけタイミングを合わせて売却も進めていく必要があります。

住み替え時期が確定していない場合は
「購入」を優先

時期が確定していない住み替えの場合、納得のいく新居が決まってから売却したいと考えるのも無理はありません。ただし、購入と売却のタイムラグが大きくなる可能性もあるので、マンション売却を依頼するなら、スピーディーに対応してくれる専門会社に相談しましょう。

スピード対応が可能な会社は?
京都のマンション売却スピード
ランキングを見る

住み替えのマンション売却でかかる費用

新居購入や引っ越し費用などを除いて、マンション売却にかかる費用にフォーカスして説明します。

仲介手数料

物件売却価格×3.24%+64,800円(400万円超の場合)

抵当権抹消費用(ローン残債がある場合)

登録免許税1物件1,000円(土地が別の場合2,000円)+司法書士報酬10,000円程度

売買契約書の印紙税

10,000円(1,000万円超、5,000万円以下)

また、売却するマンションの状態によってはハウスクリーニングやリフォームの費用がかかる場合もあります。

住み替えのマンション売却の
リスク・注意点

住み替えの場合、一番理想的なのは希望に合う新居が見つかるのとほぼ同時に、マンションが売却できること。購入を焦ってしまうと、住宅ローンの二重化になってしまうなどリスクがあります。

売却は買い手が確定してこそ成立するものなので、住み替え時期が未定でも売却の相談はスタートしておくのがリスク回避策となります。

住み替えによる
マンション売却のタイミング

マンション売却は築10年あたりがひとつの目安といわれ、中古マンションの購入希望者も見つかりやすい傾向があります。なお、新居購入資金としてマンション売却益を充当できるというメリットもあるので、購入よりも売却を優先すべき理由となります。