menu
京都市のマンション売却なら!おすすめの不動産会社ガイド » 理由別に見るマンション売却の注意点・タイミング » 転勤のケース

転勤のケース

急な転勤が決まった場合のマンション売却について、賃貸と売却のどちらが良いか、売却のメリット・デメリットやタイミングなどを紹介します。

転勤が決まったら、
マンション売却か賃貸として出すか

分譲マンションに住んでいて転勤することになった時、数年で戻ってくることが決まっていれば別ですが、先行きどうなるかわからない場合、マンションを売却した方が良いのか、賃貸物件として貸し出すのがいいのか、迷うところでしょう。

こういうケースで考えられる選択肢は、ほぼ以下の3つです。

賃貸物件として活用する場合でも、転勤から戻ってきた時に貸主都合で借主に即退去を求めるのは難しいので、実際には定期借家とするのが一般的。

貸主借主双方が合意すれば再契約もできるのですが、やはり転勤から戻る目処が立っていないと、賃貸物件として維持管理していくのも簡単な話ではありません。

転勤時のマンション売却の
メリット・デメリット

転勤時のマンション売却のメリット

転勤時のマンション売却のデメリット

転勤によるマンション売却のタイミング

転勤に伴うマンション売却は、転勤とほぼ同時に売却するのがベスト。そうでなくても、転勤が決まって戻る時期が未定なら、できるだけ転勤前に売却を決めておく方が住宅費用の二重化などを避けられるのでベターと言えます。

転勤時のマンション売却はスピード感が重要で、そのなかでもできるだけ高値で売却するためにも専門の不動産会社に相談しましょう。

転勤のマンション売却に強い会社は?
京都のマンション売却実績
ランキングを見る